EPAってなんなのか?

MENU

EPAってなんなのか?

 

 

EPAは脂肪酸のなかでも不飽和脂肪酸と呼ばれる種類になります。
不飽和脂肪酸の中でもEPAやDHAといったものは非常に優れていますので、高度不飽和脂肪酸と呼ばれることもあります。

 

DHAというのは脳の伝達性を高めることで記憶力を高める効果があります。
目の網膜に作用することによって視力を向上させることができるんですよ。

 

頭が良くなったり、記憶力が向上するという効果があるんですよ。
近年では痴呆症の予防改善にも高い効果を期待することができると言われているんですよ。

 

EPAには血圧降下作用がありますので、血液をサラサラにする働きがあります。
そのため、心筋梗塞や脳梗塞などといった動脈硬化に高い効果を期待することができるんですよ。

 

さらに中性脂肪を低下させる働きもありますので、生活習慣病などの予防にも高い効果を期待することができますよ。
このEPAというのは魚に多く含まれています。
この魚というのは日本人にとって古くから良く食べられてきたものです。

 

しかし、近年ではこの魚の摂取量が減っていることによってどうしても普段の生活の中でEPAを摂取する機会が減っているのです。
そのため、EPAを効率よく摂取するためにサプリメントを利用してみるというのもおすすめですよ。